沿 革

history

1945
(昭和20年)

吉田電機商会として個人営業開始

1948
(昭和23年)

有限会社吉河電機商会を設立

1952
(昭和27年)

工場を新設、業務を現在地に変更

1955
(昭和30年)

社名を有限会社吉河電機製作所に変更

1963
(昭和38年)

吉河電機工業株式会社に組織変更し資本金400万円とする

1964
(昭和39年)

愛知郡日進町に鈑金工場を新設し電機用メタルケース、
各種精密鈑金加工の業務を開始

1966
(昭和41年)

資本金600万円に増資

1968
(昭和43年)

現本社社屋完成、資本金1200万円に増資

1972
(昭和47年)

日進工場第二工場新築完成

1982
(昭和57年)

本社・名古屋工場、社屋増築

1986
(昭和61年)

日進工場事務所完成

1993
(平成5年)

日進第一工場取り壊し3階建に改築、業務面積2倍拡張

1994
(平成6年)

社名を吉河エレックス株式会社に変更

1997
(平成9年)

本社・名古屋工場、事務所・倉庫新築

1998
(平成10年)

創立50周年

2006年
(平成18年)

組立て業務開始

2007年
(平成19年)

日進工場増築

2008年
(平成20年)

効率改善の為、日進工場に生産管理システム(APC21)を導入

2010年
(平成22年)

中華人民共和国上海市に吉河電機貿易(上海)有限公司 新設
三菱電機製レーザー加工機(ML2512HVⅡP)導入

2011年
(平成23年)

中華人民共和国常熟市に常熟丸吉電機有限公司 新設

2013年
(平成25年)

UL規格絶縁システム取得

2015年
(平成27年)

アマダ製ハイブリッドベンダー(HG1704)導入

2016年
(平成28年)

吉田匡輝が代表取締役社長に就任
組織を事業部制へ改編
効率改善の為、トランス事業部に販売・生産管理システム導入
24時間稼働を目指し、ブランク工程における自動化ラインを導入
アマダ製デュアルサーボベンダー(EG6013)導入

2017年
(平成29年)

愛知県清須市に名西工場(トランス事業部)を新設